人手不足が深刻化する業界の救世主となるか

レバウェル介護を利用して特定処遇改善加算の支給額を最大限にアップ

特定処遇改善加算で介護業界はどう変わる

まずは相談だけでも利用してみたい無料の転職サポート

サポート充実の「レバウェル介護」を利用する

サポート充実の「レバウェル介護」を利用する

給与面はもちろんのこと、その他の条件についてもできるだけ自分の希望に近い職場のほうが長く仕事を続けていくことができるはずです。そんな職場を見つけるためにおすすめの方法を紹介します。

特定処遇改善加算で最大限の恩恵を受けるために

勤続年数10年以上の介護福祉士に重点を置いて処遇改善を図る特定処遇改善加算ですが、分配の方法についてはルールはあるものの大部分が事業所にゆだねられているため、どの程度の支給を受けられるかは職場によって違いがあります。加算対象外の職場に勤めている人は当然ですが、対象の職場であっても、他にもっと多く支給を受けられる職場がある可能性がありますので情報収集しておくことをおすすめします。
しかし1人の力で複数の施設の内部的な情報を集めることは相当難しいことでしょう。そこで、転職エージェントの利用をおすすめします。プロの力を借りて、知らぬ間に損をしてしまう可能性を減らしましょう。ここでは「レバウェル介護」を紹介します。

実際にレバウェル介護を使って転職した人からのフィードバックも含め、外部からでは知ることのできない情報を提供してくれる頼れる存在です。

働きやすさで職場を選ぶ

専門性の高い情報が魅力の「レバウェル介護」

レバウェル介護は、介護業界に特化した転職エージェントです。そのため多くの施設の評判や離職率、人間関係や雰囲気など、内部の情報が非常に充実しています。また、レバウェル介護の目的は多くの人材を入職させることではなく、求職者と事業者のお互いに求めることがマッチングするような良い出会いを提供することですので、職場のメリットだけでなくデメリットもしっかり提示した上で、希望に近い求人を紹介してくれます。
良い面だけに気を取られて、働き始めた後に雰囲気が合わなかった、駅から遠いので通勤が予想以上に大変だった、など思いもしなかった不満を抱くことになったりそれが原因で辞めることになってしまうなら、転職をした意味がありません。少しでも気になることがあれば知識が豊富なアドバイザーに質問をして、総合的に判断して職場を選ぶようにしましょう。

様々な求人を扱っている

レバウェル介護では、正社員だけでなくパートなど取り扱う雇用形態も多岐にわたっています。ブランクがある人や未経験可の求人も多く扱っており、勤務形態や休日に関する条件も様々なものが用意されているので、細かく希望を指定することができます。
専任のアドバイザーが企業との交渉も行ってくれるので安心です。面接の日程調整なども代行してくれますので、働きながらさらに条件の良い施設を求めて転職活動をする際にとても助けになるはずです。利用料は無料ですので、ぜひ利用してみましょう。

介護職の処遇改善に興味のある方へ

  • サポート充実の「レバウェル介護」を利用する サポート充実の「レバウェル介護」を利用する

    長く働き続けるためには、給与を含め様々な条件に納得できる職場を選ぶことが肝心です。1人の力で情報を集めて判断するには限界がありますので、転職のプロであるエージェント「レバウェル介護」の利用をおすすめします。

    続きへ

  • 給与アップのためにできること 給与アップのためにできること

    介護職の給与は長く働くだけではなかなか上がりませんが、自分の評価を上げることによって特定処遇改善加算の支給額が増えたり、手当がつくことが期待できます。職場自体を見直したり、資格を取得するなど自ら動き出してみましょう。

    続きへ

  • どのような意見があるのか どのような意見があるのか

    全員が納得するような仕組みを作ることは難しいですが、特定処遇改善加算の運用に関しても様々な立場から違った意見が上がっています。今後改善していかなければならないポイントを想像しながら見てみましょう。

    続きへ

  • 対象者と内容 対象者と内容

    「勤続10年以上の介護福祉士の給与が8万円上がる」というキーワードが独り歩きしていた特定処遇改善加算ですが、実際の内容と対象者はどのようになったのでしょうか。実際に施行されたルールについて紹介します。

    続きへ