人手不足が深刻化する業界の救世主となるか

介護業界の救世主となるか、特定処遇改善加算

特定処遇改善加算で介護業界はどう変わる

特定処遇改善加算で介護業界はどう変わる

高齢化に伴い日本の介護業界では深刻な人手不足が問題となっています。人手不足の原因はひとつではありませんが、この問題を解消するために政府は介護職の処遇を改善し、業界全体のイメージアップを図るため様々な対策を打っています。2019年10月に消費税が8%から10%に増税されたのと時を同じくして、介護職員の給与を全産業の平均給与に近づけるべく「特定処遇改善加算」が施行されましたが、何がどう変わるのでしょうか。

介護職の処遇改善に興味のある方へ

  • サポート充実の「きらケア」を利用する サポート充実の「きらケア」を利用する

    長く働き続けるためには、給与を含め様々な条件に納得できる職場を選ぶことが肝心です。1人の力で情報を集めて判断するには限界がありますので、転職のプロであるエージェント「きらケア」の利用をおすすめします。

    続きへ

  • 給与アップのためにできること 給与アップのためにできること

    介護職の給与は長く働くだけではなかなか上がりませんが、自分の評価を上げることによって特定処遇改善加算の支給額が増えたり、手当がつくことが期待できます。職場自体を見直したり、資格を取得するなど自ら動き出してみましょう。

    続きへ

  • どのような意見があるのか どのような意見があるのか

    全員が納得するような仕組みを作ることは難しいですが、特定処遇改善加算の運用に関しても様々な立場から違った意見が上がっています。今後改善していかなければならないポイントを想像しながら見てみましょう。

    続きへ

  • 対象者と内容 対象者と内容

    「勤続10年以上の介護福祉士の給与が8万円上がる」というキーワードが独り歩きしていた特定処遇改善加算ですが、実際の内容と対象者はどのようになったのでしょうか。実際に施行されたルールについて紹介します。

    続きへ